昨日の続きです。

このマンションにずっと住んで下さっていた方が4月初旬、退去(-.-)

 

わぁ~、中途半端な時期ですねー(>_<)

 

でも、ここがサブリースの良いところ!!
ウチには何の関係も無く、家賃は振り込まれます。
また、通常だと空室になり家賃が入ってこなくなっても支払わなければならない管理費・修繕積立金の心配も無し!

これは、サブリースと関係無く、区分マンションの怖いところですね。
空室が続くと、収入ゼロなのに管理費・修繕積立金は毎月請求が来ちゃいますから。
(ウチのもう一つの九州の区分マンションは、空室になるとこの状態になります。)

 

と、話がずれてしまいましたが、元に戻ってサブリースのお話。

 

中途半端な時期の退去、でも
「サブリースで良かったぁ~。」
と、喜んで・・ばかりもいられません!

 

色々考えさせらる事も・・・(-_-メ)

 

fudousanya(1)次の入居者募集について、この管理会社さんとのお話。

 

 

 

 

管理会社さん : 「以前の方の家賃は、6年位前の契約なので・・。今回は、少し下げて募集しようと思っています。」

 : 「あれ? 今、福岡は人気だとお聞きしていますが・・。実際、売り物件の価格も上がってますよねー。ウチの別の福岡の物件も少し前ですが、家賃下げずに決まりましたよぉ。」

管理会社さん : 「繁忙期直後で、時期も悪いので・・。」

 

 

う~ん(-。-)y-゜゜゜

 

家賃保証している以上、早く決めたいのは分かります。
でも、場所も悪くないのにそんな弱気になられても・・。

 

あら?
家賃保証されてるんでしょ?

って、思いました?

そう、確かに現状は、ウチに入ってくる保証家賃は変わりません。

でも、ここで家賃を下げて決めてしまえば、次回(来年です)のサブリース契約更新時、保証家賃も下げられてしまうのは目に見えています。
噂で聞いたお話ですが、サブリース契約更新時、運悪く空室だと恐ろしい程の<保証家賃下げ>があるとか・・。

九州という遠い立地である為、仕方ないのですが、こういう自分でコントロール出来ない事ってイヤだなぁ(-。-)y-゜゜゜

 

また、1棟アパートを丸々サブリース契約している場合には、もっと怖いことも(>_<)

更新時に決まる新たな保証家賃。
新築であった場合等、超人気エリアでもない限り、もれなく年々下がります。
ただ、これは一般のアパート・マンションでも言える事なので、仕方ないと言えば仕方ないですね。

ただ、この下げられた保証家賃に不服を申し立て、合意に至らないと・・

「契約を打ち切られ、既存の入居者さんも持っていかれてしまい、全空になってしまった!」

なんて事も・・。

実際、このような売物件に遭遇した事が何度かあります。

 

 

誤解の無いように・・・・・・・

 

全てのサブリース契約を否定している訳ではありません。

実際、ウチも次の更新までは何の心配もありません。
空室リスクに怯える事無く、楽な部分も沢山あります。
また良心的な会社さんも沢山存在します。

 

が・・・

 

やっぱりせっかく手に入れた大切な自分の物件です。

楽な分、手取りも少なくなってしまいますし、(当たり前ですね(^_^;))長い目でみた時、入居者付けの裏ワザ(!)や内装の工夫等、何にも関わる事無く、全てを人任せにしてしまうのはどうなんだろう???

苦労してでも自分で手を掛け、どんな状況になっても慌てず対処出来る状態でいたいなぁ~。

 

と思う私です。

 

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
090-3586-8264