入居者募集の際、ちゃんとお部屋を見て頂いて設備の確認も含め
基本的には現状でそのお部屋を借りて頂きますよね。

特にウチは、決定させて頂く際、入居者さん本人と面談もさせてもらっている事から
入居後のトラブルも殆ど無いと言って良い状況です。

ただ、やはりタマ~にありますね(-_-;)
「ここにもう1枚網戸が欲しい。」
「この壁のヒビが気になる。」
等々・・・。

komatta_woman(1)面白い事にこういった要望の殆どは、本人の希望では無く、
例えば親戚の方(特に女性)が入居後お部屋を見に来て
「大家さんに言いなさい!」
みたいな流れが多いようです。

私も女性ですが、厳しいですね、女性の目は。

 

ウチとしては、設備として機能しないとか、要望があれば考えようと決めていた事以外は
ちゃんとお話させて頂き、ご理解頂いています。

先日、ある大家さんから相談を受けたのですが、ナント入居後、
テレビモニター付きのインターフォンを希望され取り付けたら
その後、要望がどんどんエスカレートし、困っているとの事。
入居者さんも、
「ダメ元で取り敢えず言ってみよう。」
みたいな感覚もあるので、安易にお応えしてしまうと後が大変(-。-)y-゜゜゜

大家さんとしては、ご入居頂いた方に気持ちよく生活して貰いたいとみんな思っていますよね。
でも、モンスター化してしまうような入居者さんは考えものです”(-”"-)”

どこまで要望にお応えするかは、それぞれの考え方だと思いますが、
やはり契約時の取決めが重要ですね♪

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
070-3612-2376