今日は、<利回り><資産価値>のお話。

 

所有する物件、利回りは高い方が良いに決まってますよね。

では、資産価値は?

こちらも、もちろん、高い方が♪
当たり前ですね。

でも、この利回りと資産価値、一般的に反比例(-_-メ)

例えば、都内で道路付けも良く、立地にも問題無し。
資産価値はありますね。

こういう物件は、築古であっても、それなりのお値段。
でもお値段の割には、そんなに高い家賃設定もできず、

利回りは・・

と言うと、今一つ(-。-)y-゜゜゜

最近では木造でも7~8%なんて物件も出ていて
それでも売れているようです。

 

designers_house(1)新築であれば、6~7%とか・・。

 

 

 

 

tatemono_bank(1)でも、道路付けや立地にも問題の無い資産価値の高い物件は、
購入の際にも金融機関の評価も高く融資が受けやすい。
また売却の際も同じく購入する方の融資が通りやすいので
売りやすい♪

 

 

新築であれば、当分修繕費が掛からない。
(これは、道路付けや立地には関係ありませんが)

という利点(^-^)

 

でも高利回りは、望めない(-。-)y-゜゜゜

新築なら、その新築時の家賃より、
経年後の家賃は必ず下がる(-。-)y-゜゜゜

 

所有物件を、今後どのように運用していきたいか?
これによって、購入する物件も変わってきますね。

次回は、問題山積で、資産価値も低いけど、
高利回りの物件のお話。

ウチは、断然、<問題山積・高利回り派>です!!

 

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
070-3612-2376