高齢者の孤独死が、年々増加しているそうです。

東京都内だけでも1日に7人の方が孤独死されていると
ニュースで耳にしました。

最近は、親子・親戚関係が希薄になってしまっているんですね。
哀しい話ですが、現実です。
実際、孤独死された遺族の方は、部屋の片づけ等、遺品整理を専門業者に
全て一任される事が多いようです。

賃貸経営においては、避けて通れない話ですね。

ご高齢の方を入居者さんとして積極的に受け入れている私としては特にです。

死後数ケ月まで気付かれない等の事のないよう、出来るだけ連絡を取ったり
してはいますが・・・。

1DKや2DKの単身向けの物件も
「2人入居可」
とするのも一つの方法ですね。

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
090-3586-8264