先回の続きです。

どうしても起きてしまう音の問題。

これに関しては、その音を出している方、その音が気になっている方それぞれに、丁寧に改めてお話させて頂いています。

入居時の面談の甲斐もあり、またこの面談時にさりげなくお話させて頂いている事もあり、ウチで決めた入居者さんの中には夜中に大騒ぎをしたりする非常識な方はいらっしゃいません!(^^)!

大抵が、生活音です。

「お互いさまですからね~。」

くらいのお話(たまに文書)で、ほぼ解決!(^^)!

自分の発してしまっている音に気付いていないだけの事が殆どなのです。

注意をする時も
「〇〇さん(苦情の相手)も、何か気になる事があったら遠慮なく言って下さいね。」
の一言も忘れずに。

気付かなかっただけの事を淡々と苦情として伝えてはダメですね。
苦情を言われた人側にも、何か不満があり我慢してくれている事もあるかも知れないので。

言い方が大切♪
ホント、お互いさまですから(^-^)

 

ここからは最近ウチの、とあるアパートで本当にあった小さなトラブルのお話。

「2階の音が気になる。」
と言ってきた1階に住む男性。(とても綺麗好きな、やや神経質な方)
実際にどれ位の音なのかウチにも分かりません。

2階に住む普通にお仕事をされている女性(真面目でおとなしめの方)にそれとなく伝えると、

女性 : 「ゴメンナサイ、友達が来たりした時の話し声とかですかねー?
やっぱり下にそんなに響いちゃってるんですね。気を付けますm(__)m」

私 : 「過剰に神経質にならなくても大丈夫ですよ。
感じ方も人それぞれですからね。
夜遅くなった時等は、ちょっとだけ意識して気を付けて下さいね。
〇〇さん(女性)も他のお部屋の音、気になる事もあるでしょ?
お互いさまですね♪
〇〇さん(女性)も、他に何か気になる事があったら遠慮なく言って下さいね。
改善出来る事はしていきたいし、〇〇さん(女性)にも永く住んで頂きたいと思っていますから♪」

この後、実際にこの女性が日々感じている事を聞き出す事が出来ました。
ゴミ出しの件、
他の部屋の話し声や音が結構聞こえるので、自分はそれなりに気を付けてくれていた事等等。。

 

一方、苦情を言ってきた男性には、

私 : 「上の方(女性)には、ちゃんとお伝えしておきました。
ご自身では、充分気を付けて下さっているようです。
今後も、意識して気を付けて下さるとの事ですので、少し様子をみて下さいね。」

男性 : 「そうですか、分かりました。
そんなにうるさい訳でも無いんですけどね(^^;)」

私 : 「そう言えば・・。
ついでなのでお伝えさせて頂きますが、〇〇さん(男性)の、朝出掛けられる時のバイクのエンジン音に関して、ご近所からちょっと注意された事があるんです。
お仕事に出掛けられるのですから仕方ないとは思いますが、朝、かなりお早いようですね。
いつも〇〇さん(男性)のエンジンをかける音で目が覚めちゃうんですって(笑)
少し離れた道路に出てからエンジンをかけてもらえれば・・・なんておっしゃっていました。
まあ、ホントにお互いさまですねー。」

男性 : 「あっ、(・_・;)・・・ そうですか・・。
仕事が朝早いんで、6時頃には出掛けます。
気を付けますm(__)m」

 

面白い事に、こういう苦情を言ってくる方は、ご自身も気付かぬうちに他に迷惑を掛けている事が多いのです。

 

norimono_bike(1)早朝バイクで出勤するこの男性のバイクのエンジン音に関し、仲介業者さんを通して、ご近所から以前クレームが・・・。
アパートの敷地内にバイクを置いているのですが、おそらくその置場のすぐ横のお宅からのクレーム。

 

 

ただ、そのクレームを言ってきたご近所さんも
「出来れば・・・。」
くらいの感じ。

本人に伝えようか迷った挙句、暫く様子を見ようと思っていた矢先だったので、グッドタイミング!

 

その後、2階の音に関しても、バイクの件も一件落着(^-^)

 

とにかく、どんな小さな苦情も放置しない事が大切(^^)v

だと私は思っています。

実際、ウチのアパートに入居を決めて下さった方の中には
「前居たアパートは、何を言ってもあまり聞いてくれなかった。」
と言われる方が多数いらっしゃいます。

音の問題に限らず、入居者さんのどんなに小さな不満でも、それを放置してしまう事は間違いなく退去に繋がります。
ただ、モンスター化されて、言いたい放題になってしまわれても困ります。
どんなタイプの方なのかをしっかり見分けて対応(^-^)

完全に解決はしなくても、

「ちゃんと聞いてくれて対応して貰えた。」

と感じて頂く事が大切。

管理会社さんに委託されている場合も、テキトーな対応をされていないかのチェックが必要ですね♪

 

丁寧な対応なくして、入居者さんに

<ちょっと気を付けよう。>

<これ位は仕方ないな、我慢しよう。>

<お互いさまだな。>

と、心から思って頂くことは出来ませんね♪

 

入居者さんに対する私の思い、過去のインタビューでも熱く(!)語っています。

まだ読まれていない方、よろしければ是非!
インタビュアーは、元サッカー選手(日本代表)の城彰二さん!
↓↓↓↓↓
仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー

 

 

 

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
090-3586-8264