先回お伝えした、自己破産された入居者さん。

早速、お家賃支払いが遅れました(-_-メ)

電話にて事情を聞いてみると、やはり転職された影響で最初のお給料が少ないとの事。

ただ、

「〇〇日までには支払います。」

と言っていたので、取りあえず待ってみました。

 

結果・・・・・

 

やはり入金なし(-。-)y-゜゜゜

これはもう直接お会いして、書面での約定を取り付けるしかないと決意。

building_apart(1)電話をすると警戒されると考え、仕事が終わり帰宅されるであろう時間を狙って訪問。

 

 

 

 

 

残念ながら不在(-。-)y-゜゜゜

 

少し待とうと思っていた矢先・・

帰って来ました!!

こちらに気付くと、ちょっとギョッとした表情をされましたが、逃げる事もなく・・。

「お約束を守って頂けないようなので、今日は、ちゃんとしたお支払い期日を決め、書面に署名・捺印を頂きに来ました。」

もう逃げられないと観念したのか、素直に応じる態度。

 

さて、話し合いの始まりです!!

 

続きは次回、書面内容も含め、詳しくお伝えさせて頂きます!

 

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
070-3612-2376