先回からの続き、今回でこのお話、最終回です。

入院中の入居者さんの退去が決まってからは、かなりのスピードで残置物片付け、ルームクリーニングと事は進み・・。

そんなドタバタの中、何ともタイミング良く、以前このアパートの別のお部屋を決めて下さった仲介会社さんから電話。

fudousanya(1)「○○アパート、今、空き予定とか無いですよね?」

 

 

 

 

思わず、

「ありますっ!!!」

今回の退去に至るまでの経緯をお話し、

「〇日には、お部屋内覧可能です。」

「じゃ、早速お話してみます!」

と、話はとんとん拍子に。

このエリアでお探しの方がいらっしゃるようです。

ルームクリーニングの翌々日に内覧して頂き、即決で決定!

 

介護系のお仕事をされているおとなしそうな50代、男性。

入居予定日は、ナント前の入居者さんのお家賃が日割りで頂ける日の2日後!

空室期間、1日!!!

これは、歴代2位の記録。

以前も渋谷区のアパートで似たようなケースがあり、この時は、前の方のお家賃が切れた翌日から次の方が入居して下さいました。

今回も以前も、退去予告後、すぐにリフォーム等に入らせて頂けたおかげ♪

それと、もう一つは、やはり普段からの仲介会社さん達との繋がり、ですね♪

今回は、入居者さんと連絡が取れない⇒入院が発覚⇒車椅子でアパートに戻る?⇒退去予告⇒残置物片付け、

と、目まぐるしく事態が変わっていき、正直、次の入居者さんの募集は落ち着いてからと考えていました。

だから、ホント、ラッキー♪

tatemono_fudousanya(1)また一通り、このアパート近辺の仲介会社さんを訪問しようと思っていたけど、その必要もなく(#^^#)

 

 

 

 

昨年末から、ちょっと哀しい退去おめでたい退去、そして今回の退去と3連発!

今は、その全てに新しい入居者さんが決まり、ちょっと一安心♪

満室になっても、頑張って下さる仲介会社さんとのお付き合いは、やっぱり大切にしていこう!と思った3ケ月でした。

 

全6回に渡ってお伝えしてきた今回の退去。

最後までお読み頂き、ありがとうございましたm(__)m

 

 

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
070-3612-2376