3戸の空室の内、1戸目はまだリフォーム中に決まりました。

tatemono_fudousanya(1)いつものように、周辺の不動産屋さん20社位を訪問。
神奈川県という、私も全く初めての地域だったので、
物件購入前にも10社位の不動産屋さん訪問を実施しました。

購入前の訪問では、その地域の需要をしっかり把握できるよう
色々質問をさせてもらいます。
年齢層・多い物件の種類(木造、RC等)・人気の駅・需給のバランス等々・・。

低予算でどんなお部屋にするか?
この訪問時でのお話は、かなり参考にさせて頂いています。
今はネットで全国の地域のこういった情報を得る事も可能ですが、
私はやはり地元の業者さんの生の声を集めたいと思い、毎回実施しています。

さて、お一人目の入居者さんですが、現在、他のアパートの2階に住んでいて、
足を悪くされてしまった事で1階のお部屋を探しているとの事でした。
まだリフォーム中にも関わらず内見に来て頂き、即決して頂く事が出来ました。

ウチは、こうしたちょっとだけ事情のある方をかなり積極的にお受けしています。
<足の悪い方>
ただそう聞くだけだと、入居者さんとしてちょっと不安になりますよね。
でも、何回かお伝えしているように、面談させて頂けば
「これなら、問題ない(*^_^*)」
とかご本人の感じで分かるのです。

ほんの少し訳ありで、入居をお断りされてしまっている方、
結構いらっしゃるんですよ。

つづく

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
090-3586-8264