アパート屋根からの落雪。
車を損傷。

walk_businessman(1)保険屋さんに確認したところ、まず火災保険では天災をカバー出来ない
との返答。
じゃあ、施設賠償は?
こちらも、敷地内における施設の不備による事故が対象という事で
結局、どちらの保険も適用されませんでした。

保険って、基本的に天災によるものにはシビアというか、
厳しいですよね。
加入している保険の種類・特約等で若干の違いはあるのでしょうが。

今回の件も、雪により屋根そのものが損傷してしまった場合等は
火災保険が適用されるそうです。
な~んか、よく分かりませんね(;一_一)

ただ、落雪の可能性のある屋根を放置していた責任は、所有者にあるとか・・。
結局、今後の事も考え、屋根に雪落下防止の板状のものを取り付けましょう、
という事で落ち着きました。

雪国東北の方では、よくある事なのでしょうが、雪に慣れていない関東等では、
まだまだ予期せぬ事が起こりますね。

保険加入はもちろんですが、予測できる事に対する対策は、
日々行っていかないといけませんね。

今回の件も、またひとつお勉強と思い、今後に備えたいと思っています。

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
070-3612-2376