新年早々、アパートの入居者さんより連絡。

「夜中に、何もしていないのに突然火災報知器が鳴って、
どうしても止められず、消防署に連絡してしまいました(-。-)y-゜゜゜」

 

どういう事なんだろう??

 

本日、取り敢えずそのお部屋を訪問。

このお部屋、ウチがこのアパートを買い受けた時には
既に入居されていたお部屋。

空室に関しては、いつも新たに火報を取り付けるのですが、
このお部屋に関しては、ちゃんと設置されているかの確認のみでした。

詳しく話を訊いてみると、とにかく突然鳴り出し、
止めるスイッチを押しても止まらなかったそう。
同じアパートに住む、他の入居者さんも駆け付けてくれたのですが、
どうやっても止まらない(-_-メ)
tatemono_syoubousyo(1)結局、消防署に電話したところ、何故か消防車が5台程来てしまい、
大騒ぎに(>_<)

消防署の人も止める事が出来ず、火報ごと取り外し。

 

 

調べてみると、そんなに古い物で無かったにも関わらず、
完全に壊れていました。
しかも、この火報、天井に付いていた。

で、

誤作動&停止不可能

という、不運な事に・・・。

 

新しい火報を手の届く壁に設置し、一段落(-。-)y-゜゜゜

 

自分達で設置した物以外は、再点検が必要!

 

と、実感した出来事でした。

入居者さん、ゴメンナサイm(__)m

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
090-3586-8264