ブログ、随分間が空いてしまいました(^^;)

以前お伝えさせていただいた連帯保証人に全てを放棄されてしまったお部屋も無事次の入居者さんが決まり、その後は個別相談にお越しいただく方が何故か集中し・・・。

ドタバタと、気付いたら先回のブログから2ケ月弱経過してしまいました。

 

さてさて、今日は、先月末退去となったお部屋のお話。

 

ご高齢の女性の一人暮らし。

少し前から、

「足がねぇー。ちょっと痛くて前みたいに歩けないの。。」

お身体は元気なようでしたが、どうも足の調子が良くないよう。

親戚の方が頻繁に出入りされ、身の回りのお手伝いをされているようでした。

ある時、そのアパートに別の用事で行った際、ある入居者さんから

「〇〇さん、入院しちゃったみたい。」

との情報。

 

一人暮らしは、そろそろ難しいかな・・と思っていた矢先、親戚の方から連絡。

「足がやっぱりダメで、まだ入院しているのですが、もうアパートには戻れないと思います。」

そっかぁ~、やっぱり。

気さくなおばあちゃんだったのでちょっと寂しい思いもありましたが、この方、ウチがこのアパートを購入するずっと前から入居いただいていた方。
1階という事もあり、躯体部含めお部屋もそろそろ綺麗にしたいなと思っていました。

 

 

という事で、先月中旬、親戚の方立ち会いの元、荷物を全て搬出していただいた状態で退去立会。

 

DSC_0006-800x450

以前お邪魔した時は、沢山の家具や荷物であまり感じませんでしたが、 一人暮らし用としては、ちょっと広め。

 

 

 

DSC_0005-800x450和式トイレ。。。

 

 

 

 

女性は男性に比べ、やはり綺麗に使ってくださいますね。

どこまでのリフォームを実施するか、迷っていた時、このエリアでいつも頑張ってくださる仲介業者さんからタイムリーな電話。

またまたご高齢ではあるものの、ご夫婦で住むお部屋を探しているとの事。

 

で、早速、この状態のお部屋を見ていただきました。

 

続きは次回です♪

 

この記事を書いた人

松井 由美子
10年以上に渡る不動産仲介の仕事を経て、現在は大家さんです。

所有物件は、関東に6棟(8棟中2棟売却)のアパート、
九州に2戸(3戸中1戸売却)の区分マンション。
所有戸数もまだまだこれからですが、独自の手法で所有物件のすべてを常に満室キープ!


賃貸経営コンサルタントとしても活動中。

個別相談、常時受付中!
お申込みはこちらから。

<空室対策レシピ>販売中!
ご購入・お問い合わせはこちらから。



仕事を楽しむためのWEBマガジン B-plus 経営者インタビュー


ホームページ
http://alphaleave.com/


お問い合わせは、携帯電話にも直接どうぞ(^○^)
090-3586-8264